本書で言う偽物とはツナ(マグロ)として供される安い魚のすしや、神戸牛が禁輸中なのに大人気だったコーベ・ビーフなど、米国の消費者をごまかしてきた食品のこと。 偽装を可能にする理由の一つは米国の商標システムにある。