【名護】名護署(山田聡署長=写真右)と許田ゴルフクラブは6月27日、災害時の署の機能移転に関する協定を結んだ。海抜2メートルの名護署、同4メートルの許田駐在所は地震や津波で被災する可能性があり、海抜45メートルの許田ゴルフクラブを避難場所として確保する。同署の移転協定は今回で5件目。