県内で今年上半期(1〜6月)に発生した特殊詐欺の被害17件約909万円(暫定値)のうち、架空の請求で電子マネーをだまし取る詐欺の被害額が約857万円に上り、過去最多だった昨年を上回っていることが4日、県警のまとめで分かった。