集団的自衛権の行使を認めた安全保障関連法は憲法違反で平和的生存権を侵害しているなどとして、県民77人が国に1人当たり1万円の損害賠償を求めた訴訟の口頭弁論が3日、那覇地裁(平山馨裁判長)であった。 原告側は「安保法制により、平和のうちに平穏に生活する権利を奪われた」と主張。