名護市辺野古の新基地建設を巡り、無許可での岩礁破砕は違法として、県が国を相手に破砕を伴う工事の差し止めを求めた訴訟の控訴審第1回口頭弁論が4日、福岡高裁那覇支部(多見谷寿郎裁判長)であった。県側は、訴えの中身を審理せず門前払いした一審那覇地裁判決を批判。