自民党沖縄県連や経済人でつくる保守系の候補者選考委員会は5日、11月18日投開票の知事選に佐喜真淳宜野湾市長(53)を擁立することを決めた。来週にも佐喜真氏へ伝達し、立候補を要請する。佐喜真氏は知事選への意欲を示しており、自民は佐喜真氏を擁立し、4年ぶりの県政奪還を狙う。

佐喜真淳氏

 一方、知事選にはシンバホールディングス会長で、沖縄観光コンベンションビューロー(OCVB)元会長の安里繁信氏(48)も出馬を表明している。保守分裂を防ぐため安里氏が出馬を断念し、佐喜真氏への一本化が図れるか注目される。前南城市長の古謝景春氏(63)も意欲を示していた。

 県連は当初、5月中の決定を目指し3月31日に選考委を発足。自薦他薦含め15人程度の候補者からの絞り込み作業を続けてきたが人選は難航し、7月までずれ込んだ。