自民党県連や経済関係者でつくる保守系の候補者選考委員会(国場幸一委員長)は5日、11月18日投開票の沖縄県知事選に佐喜真淳宜野湾市長(53)を擁立する方針を全会一致で決め、発表した。国場氏は「宜野湾市議、県議、市長と着実に政治キャリアを積み、内外に高い評価を得ている。人格に優れ、県内での知名度が高い」と理由を説明した。13日に本人と面談し、出馬を正式に要請する。

自民党県連の知事選候補者選考委員会の擁立決定を受け、報道陣の質問に答える佐喜真淳宜野湾市長=5日、宜野湾市内

 決定を受け、佐喜真氏は宜野湾市内で記者団に「重く受け止めたい。私どもが長々とボールを持ったままではいけないので、可能な限り早めというか、少しでも周りの方々が納得するような日程で進めていければいいなと思う」と答えた。

 選考委は普天間飛行場の返還問題、名護市辺野古への移設問題で「普天間の早期返還が大事であり、(佐喜真氏は)前線に立って活躍してきた」と説明し、日本政府、米政府とも積極的に交渉できる点を評価した。

 会合後、国場氏のほか、県連副会長の照屋守之県議、下地敏彦宮古島市長が記者会見し、発表した。選考委は4回目で、自薦、他薦を含めた15人と面接し、知事選への考え方や、本人の意向を確認した。沖縄の抱える基地問題や経済振興への対応、政府との信頼関係などを総合的に評価した結果、佐喜真氏がふさわしいと判断。佐喜真氏は選考委に対し、出馬に前向きな姿勢を見せているという。国場氏は「自民、公明、維新の推薦を得たい」と語った。

 シンバホールディングス会長の安里繁信氏(48)が立候補を表明していることに照屋県議は「分裂を避けるために選考委をつくり、絞り込んだ。(候補に挙がった)15人のほか、県民の理解も得られると思う」、国場委員長は「委員一人一人の意見を聞いた。すべて佐喜真さんでまとまった」と、一本化に自信を見せた。

 一方、県政与党は翁長雄志知事(67)の再選出馬を前提に調整しているが、翁長氏は膵臓(すいぞう)がん治療中で対応を明らかにしていない。