気象庁によると、非常に強い台風8号(マリア)は6日午後3時現在、マリアナ諸島にあり、時速15キロで北北西に進んでいる。中心気圧は925ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は50メートル、最大瞬間風速は70メートルで、中心から130キロ以内は風速25メートル以上の暴風域となっている。また、中心の北東側330キロ、南西側280キロ以内では風速15メートル以上の強い風が吹いている。 

右下が台風8号。台風の目がくっきりとしているのが分かる(6日午前16時、ひまわり8号リアルタイムwebから)

台風8号の進路予想図(気象庁HPより)

右下が台風8号。台風の目がくっきりとしているのが分かる(6日午前16時、ひまわり8号リアルタイムwebから) 台風8号の進路予想図(気象庁HPより)

 今後、発達しながら進み、大東島地方には9日から10日、沖縄本島地方と先島諸島は10日から11日にかけて接近する見込み。

 沖縄気象台によると、沖縄地方は、台風の接近に伴い暴風、高波、大雨、高潮による重大な災害が起きる恐れがあるという。

 災害が予想される場合は、9日午前に記者会見を行う。

 台風8号は7日には「猛烈な」台風に変わる見込み。9日午後3時には日本の南に移動し、約25キロの速さで西北西に進む見込み。中心気圧は905ヘクトパスカルで中心付近の最大風速は55メートル、最大瞬間風速は80メートルになると予想されている。【沖縄タイムス+プラス編集部】