前日に50年に1度の記録的な大雨が降った宮古島市の吉野海岸で6日、土砂崩れが見つかった。高さ約10メートル、幅約5メートルの範囲で崩落し、土砂が海岸へ向かう道路を寸断している。市は台風8号が接近しているため、さらなる土砂崩れが発生する危険性があるとして、安全が確認できるまで立ち入りを禁止する。

吉野海岸へと向かう道路の土砂崩れ現場を確認する宮古島署の警察官=6日、宮古島市城辺新城

 土砂を除去するには勾配の急な坂を下らなければならず、6日に土木建築会社が土砂の運搬方法を確認し、試験的に一部を除去した。7日から本格的に除去作業に着手する。