非常に強い台風8号(マリア)は7日午後9時現在、フィリピンの東のマリアナ諸島付近をゆっくりと北北西へ進んだ。今後も勢力や進路をほぼ維持しながら、沖縄の南の海上へ進むとみられる。

すでに台風の目がはっきり見える(7月8日午前6時現在 ひまわり8号リアルタイムWebより)

台風8号の進路予想図(気象庁HPより)

すでに台風の目がはっきり見える(7月8日午前6時現在 ひまわり8号リアルタイムWebより) 台風8号の進路予想図(気象庁HPより)

 台風は予報円が広く、大東島地方に9日ごろ、沖縄本島や先島諸島には10日から11日ごろ接近し、大雨や暴風となる恐れがある。

 沖縄気象台は暴風、高波、大雨、高潮による重大な災害の恐れがあるとして「特別警報」を発表する可能性があり、早めの台風対策と警戒を呼び掛けている。

 中心気圧は925ヘクトパスカルで中心付近の最大風速は50メートル、最大瞬間風速は70メートル。中心から半径130キロ以内が風速25メートル以上の暴風域、北東側の半径440キロと南西側330キロが風速15メートル以上の強風域となっている。

 台風は8日には中心気圧915ヘクトパスカル、最大風速が55メートル、最大瞬間風速75メートルに発達する見込み。

 同気象台によると、沖縄地方は海水温が高く、発達した勢力が維持される恐れがある。台風の目がはっきりしているのが特徴で、発達した積乱雲が同心円状にまとまり、中心付近は猛烈な雨が降る可能性がある。