沖縄タイムス+プラス ニュース

土砂投入阻止で団結訴え 沖縄・辺野古、新基地抗議集会に2000人

2018年7月8日 11:27

 辺野古新基地を造らせないオール沖縄会議が、7日に名護市辺野古の米軍キャンプ・シュワブゲート前で開いた「ジュゴン・サンゴを守れ!土砂投入を許さない!辺野古新基地建設断念を求める県民集会」。共同代表の高里鈴代氏や国会議員らは、辺野古沿岸への土砂投入を強行しようとする政府を批判し、新基地建設阻止へ県民のさらなる団結を呼び掛けた。

集会であいさつする高里鈴代共同代表=7日午後、名護市辺野古の米軍キャンプ・シュワブゲート前

国会議員5氏 工事強行の政府批判

 照屋寛徳衆院議員は「新基地阻止へ最後まで頑張ろう。県民投票も成功させよう。(名護市)数久田で流弾事件もあった。キャンプ・シュワブの演習場廃止のために全力を尽くそう」と訴えた。

 赤嶺政賢衆院議員は「辺野古で安倍政権が繰り広げているのは政治の暴力だ。朝鮮半島の動きに照らしても(新基地建設は)時代錯誤だ。正義の運動がオール沖縄、島ぐるみの闘い。団結の力を示そう」と強調。

 玉城デニー衆院議員は「自然を破壊し、戦争につながる基地を造るという愚かな行為は認められない。私たちが持っている道理を曲げず、安倍政権にも堂々と正義の思いを持って行動しよう」と呼び掛けた。

 糸数慶子参院議員は「県民の民意を無視して、土砂を投入しようとする安倍政権に心から怒りを覚える。非暴力のあらゆる行動で、埋め立てさせないという気持ちを込めて頑張ろう」と述べた。

 伊波洋一参院議員は「沖縄防衛局は公有水面埋立法に反して、やるべき環境保全措置をせずに土砂を投入しようとしている。絶対許してはいけない。来月は県民大会もある。共に闘おう」と語った。

非暴力の闘いで思い示す

高里鈴代・オール沖縄会議共同代表   

 オール沖縄や島ぐるみの組織ができ、そして翁長雄志知事が誕生した。ついに政府は、8月17日に土砂を投入すると通告してきた。 20年にわたって(名護市辺野古の)新基地建設への抵抗は続いているが、この4年間は、私たちは(新基地建設に)抵抗して(キャンプ・シュワブのゲート前に)座り込み、海上でも行動し、非暴力の闘いで阻止してきた。行動はみじんも揺るがないが、土砂は搬入され続けている。私たちはさらに思いを結集して、それは絶対許されないということを示していこうではないか。

これってホント!? 誤解だらけの沖縄基地
沖縄タイムス社編集局編
高文研
売り上げランキング: 24,236

あわせて読みたい

関連リンク

沖縄タイムス+プラス ニュースのバックナンバー

沖縄関連、今話題です(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください

アクセスランキング

ニュース 解説・コラム

沖縄タイムスのお得な情報をゲット!

友だち追加
LINE@

沖縄タイムスのおすすめ記事をお届け!

友だち追加
LINE NEWS