非常に強い台風8号は8日正午現在、フィリピンの東を時速約15キロで北西に進んでいる。今後速度を速め、10日から11日にかけて、非常に強い勢力で先島諸島にかなり接近する恐れがある。台風が最も接近するのは、沖縄本島地方で10日朝から昼前、先島諸島で10日午後の見込み。

台風8号の進路や勢力について説明する沖縄気象台予報課の比嘉良守防災気象官=8日、那覇市

8日午後3時現在の台風8号の進路予想図(気象庁HPから)

気象衛星がとらえた8日午後3時半の台風8号(気象庁HPから)

台風8号の進路や勢力について説明する沖縄気象台予報課の比嘉良守防災気象官=8日、那覇市 8日午後3時現在の台風8号の進路予想図(気象庁HPから) 気象衛星がとらえた8日午後3時半の台風8号(気象庁HPから)

 台風の接近に伴い、先島諸島では暴風、高波、大雨、高潮による重大な災害が発生する恐れがあり、沖縄気象台は警戒と早めの対策を呼び掛けている。沖縄本島地方と大東島地方でも、台風の進路等によっては暴風となる恐れがある。

 沖縄本島地方や先島諸島では、これまでの大雨で地盤が緩んでいる所があるため、特に先島諸島では土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水や氾濫に厳重な警戒が必要。

 中心気圧は925ヘクトパスカルで中心付近の最大風速は50メートル、最大瞬間風速は70メートル。中心から半径130キロ以内では風速25メートル以上の暴風、北東側の半径390キロ以内と南西側280キロ以内では風速15メートル以上の強い風が吹いている。

 台風は8日午後9時には中心気圧915ヘクトパスカル、中心付近の最大風速が55メートル、最大瞬間風速75メートルの「猛烈」な強さの台風に発達する見込み。