猛烈な台風8号は8日午後3時現在、フィリピンの東にあり、時速約20キロで北西に進んでいる。今後西北西に進み、10日には非常に強い勢力で先島諸島に接近する見込み。沖縄地方では、9日は次第に風が強まり、うねりを伴い大しけとなる見込みで、沖縄気象台は警戒を呼び掛けている。

8日午後5時の台風8号(NICTひまわり8号リアルタイムwebから)

8日午後3時現在の台風8号の進路予想図(気象庁HPから)

8日午後5時の台風8号(NICTひまわり8号リアルタイムwebから) 8日午後3時現在の台風8号の進路予想図(気象庁HPから)

 中心気圧は915ヘクトパスカルで中心付近の最大風速は55メートル、最大瞬間風速は75メートル。中心から半径150キロ以内では風速25メートル以上の暴風となっている。

 沖縄地方では、9日は風が次第に強くなり、海上はうねりを伴って9日夕方から大しけとなる。

 沖縄気象台の8日午後5時5分の発表によると、9日にかけて予想される最大風速(最大瞬間風速)は、沖縄地方18メートル(30メートル)、予想される波の高さは沖縄地方7メートル。

 台風の接近に伴い、先島諸島では暴風、高波、大雨、高潮による重大な災害が発生する恐れがあり、沖縄気象台は警戒と早めの対策を呼び掛けている。

 沖縄本島地方や先島諸島では、これまでの大雨で地盤が緩んでいる所があるため、特に先島諸島では土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水や氾らんに厳重な警戒が必要。

 台風の影響で、船の便ではクイーンコーラルプラスを運航するマリックスラインが8日、9日の那覇―奄美諸島―鹿児島(上り便)の欠航を決めた。