浦添市は18日から、年間所得が180万円以下の世帯を対象に、小中学生の給食費を半額補助する「学校給食費補助金交付事業」の新規申請受け付けを開始する。締め切りは5月13日まで。申請書は同日から各学校で配布するほか、市や各学校のホームページでもダウンロードできる。

 対象となるのは、市立小中学校に通う児童生徒で、保護者の年間の合計所得金額が180万円以下の世帯。2016年度は15年分の所得で計算する。また、生活保護や就学援助を受給していないことが条件。

 認定を受けた場合、児童生徒1人につき最大で小学生は年額2万3100円、中学生は年額2万5300円が補助される。市によると、約1200世帯が対象となる見込み。

 認定結果の通知は7月中に発送予定。その間の給食費は通常通り納付し、認定を受けた場合、納付した月分が後から補助される。

 また追加期間として6月1日~12月15日の間も申請を随時受け付ける。問い合わせは市教育委員会指導部、電話098(877)6716。