猛烈な台風8号は非常に強い勢力で10日には、沖縄県の先島諸島にかなり接近する見込み。気象庁は、暴風や高波に厳重に警戒し、土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水や氾らんにも警戒するよう呼び掛けている。

9日午前7時10分現在の台風8号(NICTひまわり8号リアルタイムwebから)

9日午前6時現在の台風8号の進路予想図(気象庁HPから)

9日午前7時10分現在の台風8号(NICTひまわり8号リアルタイムwebから) 9日午前6時現在の台風8号の進路予想図(気象庁HPから)

 台風は9日午前3時現在、日本の南の海上にあって、時速約25キロで西北西に進んでいる。中心の気圧は915ヘクトパスカル、中心付近の最大風速55メートル、最大瞬間風速75メートルで、中心から半径150キロ以内では風速25メートル以上の暴風となっている。

 台風の接近に伴い、沖縄地方では9日は風が次第に強まり、先島諸島では10日から11日にかけて暴風となり、猛烈な風が吹く。沖縄地方の海上はうねりを伴って9日夕方から大しけとなる所があり、先島諸島では10日から11日にかけて猛烈なしけとなる見込み。奄美地方でも10日は大しけとなる。厳重な警戒を。

 10日にかけて予想される最大風速(最大瞬間風速)は沖縄地方が45メートル(60メートル)で、予想される波の高さは、沖縄地方12メートル、奄美地方7メートル。

 台風の接近に伴い、沖縄地方では10日午前6時から11日6時までの24時間に多いところで200から300ミリの降水量が予想されている。先島諸島では雷を伴った猛烈な雨が降り、大雨となる見込み。

 土砂災害、低い土地の浸水、河川の増水や氾濫に警戒し、落雷や竜巻などの激しい突風に注意を。