6月23日の「慰霊の日」翌日の県内紙と全国紙を読み比べる授業が3日、沖縄市の比屋根小学校(志堅原敦彦校長)であった。6年3組の児童31人が、24日付の沖縄タイムス、琉球新報、読売新聞、朝日新聞、毎日新聞を読み、沖縄戦や糸満市であった追悼式に関する記事の分量、扱い、内容の違いを分析。