非常に強い台風8号は、9日午後3時には日本の南にあって、時速30キロで西北西へ進んでいる。台風は今後、勢力を維持したまま10日には先島諸島にかなり接近する見込み。沖縄気象台は、沿岸の海域ではうねりを伴った高波に、先島諸島では暴風に厳重に警戒するよう呼び掛けている。

陸揚げした実習船をロープで固定する宮古総合実業高の生徒たち=9日午後、宮古島市・平良港下里船だまり

台風8号(9日15時現在、気象庁HPから)

9日16時40分現在の台風8号(ひまわり8号リアルタイムwebから)

台風8号接近で、島を出る観光客らで混雑する空港ロビー=9日午前11時50分、宮古空港

台風対策でマンゴーハウスに暴風ネットを設置する作業員=9日午後、宮古島市上野宮国

陸揚げした実習船をロープで固定する宮古総合実業高の生徒たち=9日午後、宮古島市・平良港下里船だまり 台風8号(9日15時現在、気象庁HPから) 9日16時40分現在の台風8号(ひまわり8号リアルタイムwebから) 台風8号接近で、島を出る観光客らで混雑する空港ロビー=9日午前11時50分、宮古空港 台風対策でマンゴーハウスに暴風ネットを設置する作業員=9日午後、宮古島市上野宮国

 中心気圧935ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は50メートル、最大瞬間風速は70メートルで、中心の北側170キロ以内と南側130キロ以内では風速25メートル以上の暴風となっている。中心の北東側440キロ以内と南西側280キロ以内では風速15メートル以上の強い風が吹いている。

 台風8号の影響で、大東島地方では東の風が強く、沖縄本島地方では9日夜遅くから北東の風が強く吹く見込み。10日は、宮古島地方は北東のち南東の風が、八重山地方は西の風が猛烈に吹き、沖縄本島地方は東の風が非常に強く吹くとみられる。八重山地方では11日も暴風となる見込み。先島諸島では暴風に厳重な警戒、沖縄本島地方や大東島地方では強風に十分注意を。

 台風の速度が比較的速いため、先島諸島では、10日は急激に風が強まるおそれがある。なお、沖縄本島地方では10日は台風の進路等によっては暴風となるおそれがある。【沖縄タイムス+プラス編集部】