非常に強い台風8号は9日午後9時現在、沖縄県南大東島の南約320キロにあり、時速30キロの速さで西北西へ進んでいる。中心気圧は935ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は50メートル、最大瞬間風速は70メートル。中心から半径95キロ以内は風速25メートル以上の暴風域になっている。10日昼前から夜にかけて沖縄・先島諸島へ最接近する見込みだ。

9日16時40分現在の台風8号(ひまわり8号リアルタイムwebから)台風の目がはっきり見える

【台風8号の進路予想図】きょう夕方に先島諸島に最接近か

9日16時40分現在の台風8号(ひまわり8号リアルタイムwebから)台風の目がはっきり見える
【台風8号の進路予想図】きょう夕方に先島諸島に最接近か

 沖縄気象台は「半日にわたって暴風が吹き続ける」とし、暴風や高波、土砂災害、高潮による冠水などに厳重警戒を呼び掛けている。

 台風8号は10日午前9時ごろには宮古島の東南東約200キロに移動し、時速30キロで西北西へ進む。予想される中心気圧は940ヘクトパスカル、最大風速は50メートル、最大瞬間風速は70メートル。中心から半径130キロが風速25メートル以上の暴風域になる見通し。

 先島諸島では10日は1時間に80~100ミリの猛烈な雨が降り、宮古島では11日午後9時までの24時間で300ミリの雨が降る見込み。

 10日の沖縄本島地方の最大風速は20~23メートルと予測されている。

 平均風速40メートル以上になると、電柱だけでなく家屋も倒壊し、走行中のトラックが横転することがある。20メートル以上では、看板の落下や屋根瓦の一部飛散などのおそれがある。