10月の那覇市長選で保守系候補に県議の翁長政俊氏が選ばれた背景には、翁長氏自身の市長選への強い意欲がある。自民党は知事選同様、公明、維新と連携し、県政、那覇市政ともにオール沖縄勢力からの奪還を狙う。 翁長氏は首相官邸や政府、与党と太いパイプがあり、これまで県連と東京の橋渡しや調整役を担ってきた。