沖縄気象台によると、石垣島地方は10日午後2時過ぎ、非常に強い台風8号の暴風域に入ったとみられる。すでに暴風域に入っている宮古島地方は午後3時半ごろに台風の目に入る見込み。下地島空港で、午後1時20分、最大瞬間風速39.6メートルを観測。最接近は宮古島地方で午後3時以降、石垣島地方で午後6時以降になる見込みで、今後さらに風が強まる恐れがある。

10日午後2時10分現在の台風8号(NICTひまわり8号リアルタイムwebから)

台風の目に入った宮古島地方(10日午後3時現在)

10日午後2時現在の台風8号の進路予想図(気象庁HPから)

10日午後2時10分現在の台風8号(NICTひまわり8号リアルタイムwebから) 台風の目に入った宮古島地方(10日午後3時現在) 10日午後2時現在の台風8号の進路予想図(気象庁HPから)

 沖縄気象台は同日午後1時49分に、慶良間・粟国諸島と久米島に暴風警報を発表した。10日夕方にかけて暴風になる見込み。
 慶良間空港で同日午前10時44分に最大瞬間風速36.5メートル、渡嘉敷島で午前11時38分に最大瞬間風速34.5メートルを観測した。

 非常に強い台風8号は10日午後2時(推定)には宮古島の東南東約60キロにあって、暴風域を伴いながら西北西に進んでいる。中心気圧は935ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は50メートル、最大瞬間風速は70メートル。【沖縄タイムス+プラス編集部】