自民党県連などでつくる知事選の候補者選考委員会が9日、佐喜真淳宜野湾市長(53)に正式に出馬を要請した。佐喜真氏は意欲を示しつつ「環境整備」の必要性に言及し、出馬時期に関しては明言を避けた。ただ、この日、佐喜真氏は本来は構成メンバーではない「普天間飛行場負担軽減推進会議」の作業部会に出席。