【東京】「骨太の方針2018」で、沖縄振興に関し新たに「米国の協力を得た英語教育の充実」と明記されたことについて、河野太郎外相は9日の衆院沖縄北方特別委員会で、米国に沖縄の高校、大学生を派遣するプログラムの拡充などを検討していることを明かした。