生活に困窮する子どもの実態を把握するため、1歳児と5歳児の保護者を対象にした初めての「県未就学児調査」がまとまった。 調査では世帯の手取り収入と世帯人数で計算する「等価可処分所得」が122万円未満を低所得層(1)、122〜183万円未満を低所得層(2)、183万円以上を一般層と三つに区分け。