各地域の農業改良普及センターなどが実施する普及活動を発表し、市町村やJAと情報共有する「農業改良普及実践活動発表会」が3日、県庁であった。審査の結果、八重山農林水産振興センター農業改良普及課の貴島圭介主任技師が発表した「『八重山マンゴー研究会』の活動支援による産地育成」が県代表に選ばれた。