国立劇場おきなわによる組踊鑑賞教室が6月30日、浦添市の同劇場であった。鑑賞案内の後、玉城朝薫作「銘苅子」(立方指導・嘉手苅林一、地謡指導・玉城正治)が上演され、若手、中堅の実演家たちが清新な表現で、親子の情愛を描いた。 同作は羽衣伝説を基にした物語。