音楽と文学を融合させた総合舞台「ライン川 音の絵本」が21日午後6時、22日午後4時、宜野座村文化センターがらまんホールで上演される。ドイツ・ライン川を舞台に歴史や伝説にまつわる音楽を沖縄のソリストが演じる。 脚本と演出はクラウス・フランケと東江貴子。