【本部】海洋博公園熱帯ドリームセンターで希少な花が見ごろを迎えている。公園管理センターによると、石垣島や西表島のごく一部に分布する「イリオモテラン」、鮮やかな朱色の花を咲かせる「オオホウカンボク」が4月中旬ごろまで、フィリピンなど熱帯雨林に自生する「ヒスイカズラ」が4月下旬ごろまで見ごろという。

一つの花の見ごろが1~2日と短いオオホウカンボク=13日、海洋博公園熱帯ドリームセンター

熱帯雨林に自生するつる性植物「ヒスイカズラ」

乱獲され絶滅危惧種にも指定されている「イリオモテラン」

一つの花の見ごろが1~2日と短いオオホウカンボク=13日、海洋博公園熱帯ドリームセンター 熱帯雨林に自生するつる性植物「ヒスイカズラ」 乱獲され絶滅危惧種にも指定されている「イリオモテラン」

 イリオモテランは観賞用に乱獲され、県の絶滅危惧種にも指定されている。オオホウカンボクは国内でも展示場所が限られ、開花期間も短いことから同センターの屋宜遥穂技師は「このタイミングを逃さず見に来てほしい」と呼び掛けている。