本部署(金城秀実署長)と本部地区防犯協会(嘉陽宗敬会長)は4日、詐欺被害を未然に防いだとして沖縄県本部町浦崎のファミリーマート海洋博公園前店の上間多聞(たもん)店長(58)と店員の東佳奈子さん(30)に感謝状を贈呈した。

表彰を受けた上間多聞店長(左から2人目)、東佳奈子さん(同3人目)=4日、本部署

 6月21日午前11時ごろ、普段から同店を利用する町内の60代男性が、出会い系サイトからの情報料支払い指示のメッセージを受け2万円分の電子マネーを購入した。その後の操作方法が分からず対応した東さんがメールの内容や男性の話から「詐欺かも」と気付き店内にいた従業員と相談し警察に通報した。

 日頃から特殊詐欺について店員に周知徹底していたという上間店長は「支払い方法が多様化し、操作方法を知らないお客さまへは店員がお手伝いをしている。少しでも不審に思ったときは連絡するように指導している。今回は私が留守中だったうえに昼前の混雑の中、東さんの機転と連携をとった従業員たちの対応で未然に防げた」と話した。

 同店で特殊詐欺として初の通報に上間店長は「ニュースでは聞いているが実際に身近で起きるとは思わなかった。客への被害がなくて良かった」と胸をなで下ろした。(仲間里枝通信員)