県の「未就学児調査」の記者会見。識者は幼い子を抱えた低所得層の孤立感が深まっていると懸念し、妊娠期からの継続した支援の重要性を呼び掛けた。(1面参照) 「沖縄は親族関係が濃く、その中で問題解決してきたが、必ずしもそれは生きていない」。沖縄大学の島村聡准教授は強調した。