池間島から台中州・北斗に疎開した仲原ソヘ子さん(85)。姉と妹がマラリアにかかった。「定期的に襲ってくる高熱。髪の毛が抜け、寒気が収まらなかった」。両親は島に残っていた。小学6年のソヘ子さんが看病や食事作りに追われた。 池間島から約460人が台湾へ疎開した。1944年7月、県の疎開命令が伝わった。