西日本の豪雨被害が拡大する中、各地の情報を収集している県交流推進課と県大阪事務所は9日、広島や岡山の県人会などに連絡を取り、県出身者に人的被害がないことを確認した。被害を目の当たりした県出身者は、本紙の電話取材に「まさか、ここまで被害が広がるとは思わなかった」と不安を口にした。