熊本地震の発生を受け、県内経済界で現地支援の動きが出始めている。沖縄電力は電力インフラの復旧に向け、現地に配電部門の職員を派遣。大手スーパーも店頭での募金を始めたほか、各種業界団体も支援策を検討している。