沖縄気象台によると、非常に強い台風8号(マリア)は10日午後7時22分現在、石垣島地方に最も接近している。同地方は暴風となっており、沿岸の海域では猛烈なしけや大しけとなっている。与那国島地方には夜遅くに最接近する見込みで、両地方では11日朝まで非常に激しい雨が降るとみられ、大雨警報が発表されている石垣市では低い土地の浸水に警戒するよう呼び掛けている。

台風8号が接近で、海上は大荒れとなった=10日午後1時すぎ、宮古島市城辺友利の博愛漁港(下地広也撮影)

10日午後7時現在の台風8号の進路予想図(気象庁HPから)

10日午後6時の台風8号(ひまわり8号リアルタイムwebから)

台風8号が接近で、海上は大荒れとなった=10日午後1時すぎ、宮古島市城辺友利の博愛漁港(下地広也撮影) 10日午後7時現在の台風8号の進路予想図(気象庁HPから) 10日午後6時の台風8号(ひまわり8号リアルタイムwebから)

 10日午後7時すぎ、宮古島地方は台風8号の吹き返しの風が非常に強く吹いている。11日未明まで暴風への厳重な警戒が必要。宮古空港で10日午後7時に45.3メートルの最大瞬間風速を観測した。

 非常に強い台風8号は10日午後6時現在、石垣島の北東約90キロにあって、先島諸島を暴風域に巻き込みながら時速約30キロで西北西に進んでいる。中心気圧は940ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は50メートル、最大瞬間風速は70メートル。中心から東側240キロと西側150キロは風速25メートル以上の暴風域となっている。

 慶良間・粟国諸島と久米島に出されていた暴風警報は10日午後7時42分に解除された。依然として強い風が吹いているため、注意を呼び掛けている。