非常に強い台風8号の接近から一夜明けた11日午前、沖縄県石垣市内では至る所で倒木が確認されたほか、街灯やブロック塀の倒壊もあった。八重山署などによると、土砂崩れや人身被害は確認されていない。

台風8号の影響で根元から折れて倒壊した街灯=11日午前7時半ごろ、石垣市新栄町

台風8号の影響で倒れて道路の片側一車線をふさぐ大木=11日午前8時ごろ、石垣市名蔵

台風8号の影響で根元から折れて倒壊した街灯=11日午前7時半ごろ、石垣市新栄町 台風8号の影響で倒れて道路の片側一車線をふさぐ大木=11日午前8時ごろ、石垣市名蔵

 石垣市新栄町の八重山漁業協同組合近くでは根元から折れて倒れた街灯のガラス片などが道路に散乱。市街地では、市民らが折れた木の枝や葉などの片付けに追われていた。竹富町と与那国町では正午現在、目立った被害報告はないといい、確認を続けている。