米軍関係者による事件事故の被害者は、二重に犠牲と苦痛を強いられている。1度目は事件事故そのものによって。2度目は損害賠償請求を巡って。 公務外の事件事故の場合、米政府が補償する仕組みになっているが、被害者やその家族が「迅速」で「十分」な補償を受けるのは難しい。