りゅうぎん総研(照屋保社長)が9日に発表した2018年プロ野球春季キャンプの経済効果は、前年比12・2%増の122億8800万円で、過去最高を更新した。観客数も過去最高で、8・0%増の約37万7千人。うち県外からの参加は18・5%増の8万4千人と推測した。