夫を亡くした32歳の麻緒は生きる気力を失い、自死を決意する。身辺を整理し、ロープを買いに行った手芸店で「あなただけの死に装束を、手づくりで」という不思議な洋裁教室の案内を目にする。その「終末の洋裁教室」に麻緒は通いだす。