【名護】マングローブを形成する木の一つ「メヒルギ」が屋我地島の我部干潟で白い花を咲かせている。樹高およそ1〜3メートルの枝に直径約4センチの白い花と5枚のがく片が開き、中から多数の雄しべが観察できる。 開いたがく片の直径はおよそ3センチ。