「一杯で 消える未来と 消せぬ罪」をスローガンに、那覇署(梶原芳也署長)は9日、那覇市のパレットくもじ前広場で夏の交通安全県民運動の開始式を開いた。同署管内の交通ボランティアら関係団体も参加し、飲酒運転の根絶や交通事故防止に向け、誓いを新たにした。