県が9日公表した1歳児と5歳児の保護者を対象とした未就学児調査では、乳幼児を抱える親の23・3%が困窮状態にあった。当事者からは支援制度の情報が行き届くような働き掛けや子どもの預け先の増加など、自立の道を開く支援を求める声が上がっている。 「お母さん、食べないの」。親子3人のある日の夕飯。