【名護】名護市辺野古の新基地建設現場で10日、台風8号による高波が建設中の護岸に押し寄せ、時折護岸を越える様子が確認された。 建設中の「K4」護岸は、基準高1・3メートルの基礎部分しか造成されておらず、完成時の高さより約6・8メートル低い。