企業の人手不足対策や事業拡大にIT(情報技術)を役立ててもらおうと、「プラスITフェア2018in那覇」(主催・同実行委員会)が9日、那覇市の県市町村自治会館で開かれた。

さまざまなIT企業が出展し、来場者の相談を受け付けたプラスITフェア2018in那覇=9日、那覇市・県市町村自治会館

 企業の課題解決につながるITツールを提供する全国の29社がブースを出展し、参加者からの相談に応じたほか、IT導入補助金を案内する説明会もあった。

 特別講演ではIT経営マガジン「COMPASS」の石原由美子編集長が全国の事例を紹介。石原氏は「生産年齢人口が減少する中、限られた人数で生産性を高めていかなければならない」と指摘し、IT活用の有効性を説いた。

 政府のIT導入補助金などについて「これまでないほど充実しており、やる気のある企業にとっては大きなチャンスだ」と利用を呼び掛けた。