【名護】太陽の回りに虹色の輪ができる「日暈(ひがさ)」現象が19日昼ごろ、沖縄県名護市内で見られた。沖縄気象台によると、上空の薄い雲にある氷の粒に光が反射、屈折して起きる。

名護市内で確認された日暈現象。飛行機雲が横切った=19日午後0時半すぎ(阿部岳撮影)

 細い輪を含めて五重に見える時もあった。気付いた人が「すごい」「何かいいことがありそう」と歓声を上げていた。