【東京】照屋寛徳衆院議員らは11日、内閣府に日下正周政策統括官を訪ね、大型MICE施設の基本設計のため、県へ早期にソフト交付金を交付決定するよう求めた。日下統括官は「需要推計や周辺環境の整備などが整理されることが必要。内閣府としてはオンゴーイング。前に進めるため県と議論していきたい」と応じたという。