「ウクレレきよしの歌謡医学エッセイ」(幻冬舎)を発刊した精神科医の長田清さん(69)。ウクレレを手に語って歌う姿に「こんな人だとは思わなかった」とよく言われるというが、「本当の自分なんてあるのでしょうか。毎日私たちが踊っているのは『仮面舞踏会』(少年隊)かも」。