名護市辺野古の新基地建設で、沖縄防衛局は台風8号の影響が収まった11日、米軍キャンプ・シュワブへの資材搬入を5日ぶりに再開した。工事に反対する市民によると、正午ごろと午後3時ごろの2回、石材を積んだダンプなど工事車両計159台が基地内に入った。