沖縄タイムス社が小規模の福祉施設や団体を支援する2018年度第15回「タイムスふれあい事業」の助成先に8施設・団体が決まった。本年度は過去最多の55件の応募があり、選考委員による書類選考、現場視察を経て決定した。

(資料写真)沖縄タイムス社

 総額約200万円を助成する。贈呈式は13日午後2時から那覇市久茂地の沖縄タイムス社で開かれる。(「共同作業所スオウの木」は竹富町西表島の同施設で贈呈する予定)

 助成先は以下の通り。

 ▽浦添市障がい児(者)の療育・育成・自立支援をめざす会「ドレミサークル」(浦添市)

 ▽てるしのワークセンター(南風原町)

 ▽就労継続支援B型事業所「みみの木」(那覇市)

 ▽一般社団法人がじゅまる「自立・就労センター希望の大地」(浦添市)

 ▽燦花「くくるばな」(宜野湾市)

 ▽地域活動支援センター3型ふれあいセンター(那覇市)

 ▽共同作業所スオウの木(竹富町)

 ▽特定非営利活動法人うりずん(浦添市)