自民党の関口昌一参院国対委員長は13日午前、国民民主党の舟山康江参院国対委員長と国会内で会談し、カジノを含む統合型リゾート施設(IR)整備法案に関して17日に参院内閣委員会で安倍晋三首相が出席する質疑を行いたいと提案した。舟山氏は時期尚早であり西日本豪雨災害への対応を優先すべきだなどとして拒否した。

 参院内閣委は13日午後にIR法案について参考人質疑を実施。政府、与党は17日にも審議を行い、早期に委員会可決を図る方針だ。舟山氏は国会内で記者団に「首相が委員会に来る余裕があるなら、豪雨対策の指揮を執るべきだ」と述べた。(共同通信)