衆院政治倫理・公選法改正特別委員会は13日午後、参院選の「1票の格差」を是正する参院選挙制度改革を巡り、定数を6増する自民党提出の公選法改正案の審議に入った。与党は17日の特別委採決を提案しており、野党が反対しても、同日にも衆院本会議で成立させる構えだ。

 衆院政治倫理・公選法改正特別委員会で質問に答える自民党の岡田直樹氏=13日午後

 改正案は比例代表の一部に拘束名簿式となる「特定枠」を設けたのが特徴。隣接県同士を一つの選挙区とする合区選挙区は維持する。野党は特定枠を「党利党略」と批判、定数増については「国民の理解が得られない」と反発している。

 特別委では自民党の白須賀貴樹氏が、合区選挙区の面積の広さを指摘した。(共同通信)