海邦総研(新崎勝彦社長)は12日、2018年4〜6月期の県内景気動向調査(県内388社回答)を発表した。前期(18年1〜3月)に比べて景気が「上昇した」と答えた企業の割合から「下降した」と答えた企業の割合を引いた景況判断指数(BSI)は、全業種で6・5ポイント低い3・4だった。プラスは8期連続。